本文へ移動

連続繊維補強工法(CFRP,AFRP)

構造物の長寿命化のために
構造物の強度を回復するため、または補強のために、新素材や新技術・新工法が次々に現れています。
連続繊維補強工法は、耐食性に優れており、強度・ひずみ・靭性が大きく改善されることで、構造物全体の強度の回復・耐荷性の向上・耐震性の向上が見込まれます。

繊維補強(CFRP,AFRP)とは何か

連続繊維補強工法とは、連続繊維シートを含浸接着樹脂で固着補強する「靭性抵抗型補強」のひとつです。
 
連続繊維シートと含浸接着樹脂の組合せによって『炭素繊維/エポキシ樹脂(CFRP)』『アラミド繊維/エポキシ樹脂(AFRP)』などがあります。
 
連続繊維補強工法は、一般に耐食性に優れており、強度・ひずみ・靭性が大きく改善されます。また、荷重を受けた時に引張側となる部分に添付することで、より効果が得られます。さらには、施工性も良く、狭隘な施工条件や上面への施工も可能です。

関連資格者 ・ 技能講習終了者

・連続繊維施工管理士 技能講習終了者     3名
・土木施工管理技士            1級:4名 2級:4名
・配筋探査技術者(非破壊検査工業会)   4名
・高所作業車(10m以上)          8名
・フルハーネス型墜落制止用器具取扱    7名
 
 
※状況に応じて適切な人員と資機材を選定し、安全に確実丁寧な施工を行います。
上面-樹脂塗布
上面-ストランドシート設置
下面-シート貼付け
下面-上塗り
株式会社イノベックス
011-789-3939
〒007-0836
北海道札幌市東区北36条東27丁目3-22
TEL.011-789-3939
FAX.011-789-3940
 
1.施工(補修・削孔・切断・
 アンカー・装置取付工事・
 連続繊維補強工事など)
2.コンクリート埋設物探査
3.アンカー引張試験
4.小径コア圧縮強度試験
(ソフトコアリング)
5.赤外線調査(診断)
6.調査・点検・診断業務
・コンクリート構造物の
 微破壊・非破壊試験
・鉄筋探査
・コンクリート診断
・ロープアクセス
・潜水士
お問合せはこちら
TOPへ戻る